ミエリフォ

リフォームと 耐震工事の見えないところをお教えします

リフォームが見える

【リフォームが見える】ひとつでも当てはまればリフォームの時期かも?

2016/12/09

リフォームで暮らしが快適になるケース

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

1.家族構成が変わり、間取りが使いにくくなった。

高齢のご両親と同居される時は、一番気になるのは、段差や階段。

玄関に腰掛けひとつあるだけでも、お年寄りは違うんです。

手すりなどの捕まるところがあれば、さらに安心。

もう、子供たちが巣立って、こんなに部屋は要らなくなった。。

広すぎて掃除にも困る..そんな時には思いきって減築というリフォームもありますよ。

2.キッチンや洗面所の設備が古くなって来た。

どうしても長年使っていると、流し、洗面所、お風呂の蛇口などが古くなってきてしまいます。

メーカーの在庫にも10年で部品がなくなります。

今の設備は、昔より良くなっていて、快適です。

3.見るからに外壁や内装が古くなり、汚れが気になり始めた。

家が古くて、お客さんを呼びたくない。。

子供が友達を連れて来れない。。 そんな気持ちになってませんか

4.冬が寒くて、夏が暑い。

うちは、夏が暑くて。。逆に冬が寒くてよく聞きます。。

がまんして、生活するより、リフォームして、日々の暮らしを快適に暮らした方が人生楽しくなりますよ。

5.窓の位置が悪い。

窓が高すぎて届かない..掃除が出来ない。

西日が射して夏は暑くてたまらない。。など。。窓の悩みって結構ありますね。

冬、寒い窓は、2重サッシのペアガラスが効果的です。

6.収納が欲しい。

世間では、断捨離がはやっていますが、大事な物はやっぱり捨てられない。。

収納を増やしてシンプルな生活スタイルを。。

7.家具に内装が合わない。

おしゃれ家具を買ってきたのに、床が畳。。

障子やふすまがなんかレトロ。。

和室のモダンリフォームで、おしゃれな家具もすてきに映えますよ!

 

こんな事で、お困りの時はリフォームのサインかもしれませんよ?

スポンサーリンク


-リフォームが見える